カーニバルシーズン!イタリア各地のカーニバルを紹介します!

ブログLaura

Cari amici,

イタリアにはたくさんの伝統的なお祭りがありますが、なんといってもその中で一番楽しいのがカーニバルです。約10日間(場所によって長さが違う)にわたって変装し、広場でお祝いをします。今年はコロナの影響で残念ながらどこも開催されません…

カーニバルでは想像しうる全てのものに変装することができます。道化師、修道女、おばけ、原始人、猫、りんご、それに政治家、架空人物、漫画の主人公、歴史的人物などのキャラクター、そして動物など、想像しうるあらゆるものに変装することができるのです。

イタリアでのこのお祭りの始まりは、古代ローマ帝国時代に遡ります。ラテン語で“semel in anno licet insanire” 「一年に一度は狂ったようになっても許される」という意味の言い回しがあります。

すなわち、誰かわからないようにマスクで顔を隠し、めちゃくちゃなことをしてとことんふざける、ということです。実際「カーニバルではどんなにふざけても大丈夫」とも言い、誰かがどんな悪ふざけをしても怒ってはいけないことになっています。

カーニバルという言葉の意味もラテン語に由来し、”carnem levare “「肉を取り除く」要するに謝肉祭という意味で、お祭りの最終日の宴会、ということになります。この最終日は常に火曜日で”martedì grasso”「懺悔の火曜日」と呼ばれています。今年の懺悔の火曜日は2月16日火曜日になります。

でも、なんでこんなに変わった名前がついたの?

カトリック教では、「懺悔の火曜日」の次の「灰色の水曜日」から約40日間にわたる四旬節が始まります。この約40日が経つとイースターすなわちイエスがよみがえった日を迎えます。その期間はイースターに備えてのお清めのための禁欲と断食が行われます。ということで、「懺悔の火曜日」までみんな祝い、カーニバルに夢中になって好きなだけ食べ物を食べるのです。

イタリアではどこの街でもカーニバルを祝わいますが、街によってはとても盛大に祝うところもあります。それでは、いくつか紹介しましょう!

ヴェネツィアのカーニバルは皆さんもご存知の通り、世界中で最もよく知られているカーニバルです。

遡ること1300年代の終わり、ヴェネツィア政府は人民の不満を解消させるため、全ての住民に対して娯楽やお祭り騒ぎだけに捧げる期間を与えました。

その間ヴェネツィア人と国外から来た人々は、音楽を演奏して騒いだり、ハメを外して踊るために街に溢れかえりました。仮面の裏では貴族に対してふざけたり、権力者を嘲笑うことすらできました。

現在でもヴェネツィアのカーニバルではこの時期仮面をつけた人々で街が溢れかえります。多くの人は16-17世紀に着られていた洋服のレプリカを着て、このカーニバルの開始となる「天使の飛行」の行われるサン・マルコ広場の大聖堂の鐘楼に向かって通りや運河をボートで進みます。

みなさん、心配しないでください。天使はちゃんとしっかりしたロープで固定されているので全く危なくありません!

トスカーナの海沿いにあるヴィアレッジョのカーニバルは、多分最も壮観で迫力のあるカーニバルでしょう。まるまる1ヶ月も続き、その一番の特徴は、街全体で行われる巨大な自動化された山車のパレードで、一般的には政治や最近起こった出来事をからかったものをテーマとしたパレードです。

そしてエミリアロマーニャ州のチェント(Cento)のカーニバルもとても歴史が古く、派手に飾られた山車がパレードし、優勝を賭けて競いあいます。

このカーニバルは有名なリオのカーニバルと姉妹関係を結び、数年前までは前回のカーニバルの優勝山車が、リオのリオのカーニバルの行進にも参加していました。

イタリアのカーニバルには、常に領土と伝統に関連するもう一つの特徴があります。それは地域のマスクです。人々の悪徳と美徳を表すために生まれ、1500年以来、それらは人気のあるコメディの中心人物になりました。

それらのいくつかを見てみましょう。

プルチネッラ

プルチネッラ(Pulcinella )は黒いマスクを付け白い外套を着た道化師です。間違いなくピザと一緒にナポリのシンボルとなっています。

プルチネッラは冗談を言ったり、たくさん食べ、たくさんおしゃべりするキャラクターです。このプルチネッラについての話を一つすると、イタリアでは、「プルチネッラの秘密」という言葉があって、もうすでにみんなにバレている秘密のことを言います。

ヴェネツィア

ヴェネツィアのコロンビーナは、狡猾でいたずら好きで嘘つきの使用人で、うわさ話をするのが大好きで、彼女の雇い主を満足させるために不正行為に不正行為を重ねます。

ボローニャ

ボローニャのドクター・バルダンゾーンはよく喋り、彼の知識を見せびらかせるために何についてもよく論議をします。しかし最終的には彼が何を言いたいのか全くわかりません。

ローマ

ルガンティーノという名前の由来はローマの方言に由来しています。“ruganza” 「ルガンザ」は傲慢を意味します。実際、彼は無礼で喧嘩っ早いのですが、実際には正義を守るためにそうしているので、結局、彼は前向きな性格なのです。

E voi, come vorreste travestirvi a carnevale? 

さあ皆さんは、どうやってカーニバルをお祝いしますか?

A presto!

ユースフルリンク:

Carnevale di Venezia – www.carnevale.venezia.it/

Carnevale di Viareggio – www. viareggio.ilcarnevale.com  

Carnevale di Cento: www.carnevalecento.com

Laura Canepa(ラウラ カネパ)のブログ


Italiano

Cari amici,

tra le tante feste tradizionali, la più divertente è sicuramente il Carnevale, 10 giorni in cui ci si traveste e si scende in piazza a festeggiare. 

In Italia è una festa che risale ai tempi degli Antichi Romani ed è famoso il detto in latino: “semel in anno licet insanire” che significa: “una volta all’anno è lecito impazzire” ovvero creare il caos e fare scherzi, nascosti dietro una maschera per non farsi riconoscere. Infatti si dice anche che “a carnevale ogni scherzo vale” e non ci si può arrabbiare se qualcuno ci fa uno scherzo. 

Anche la parola ‘carnevale’ deriva dal latino carnem levare (=eliminare la carne) e indicava il banchetto che si teneva l’ultimo giorno dei festeggiamenti, sempre di martedì (quest’anno è il 16 febbraio) e perciò si chiamava e si chiama ancora “martedì grasso”. 

Ma perché ha questo nome buffo? Per 7 giorni si festeggia, s’impazzisce e si mangia a volontà, poi mercoledì (detto delle Ceneri) comincia la Quaresima che, secondo la religione cattolica, è un periodo di astinenza e digiuno di 40 giorni per arrivare purificati alla Pasqua, cioè il giorno in cui Gesù è risorto dalla morte.

In Italia il Carnevale si festeggia in ogni città ma alcune feste sono particolarmente importanti. Scopriamone qualcuna. 

Il Carnevale di Venezia è senza dubbio il più conosciuto a livello internazionale. Risale alla fine del 1.300 un documento con cui il governo veneziano, per far sfogare i malumori del popolo, concedeva a tutti i cittadini un periodo dedicato interamente al divertimento e ai bagordi, durante il quale i veneziani e i forestieri si riversavano in città a far festa con musiche e balli sfrenati. Nascosti dietro una maschera, potevano fare scherzi anche ai nobili e deridere le autorità. 

Anche oggi la città è affollata dalle maschere che sfilano per le calli e in barca sui canali per arrivare a Piazza San marco dove il volo dell’angelo che si lancia dal campanile della basilica, dà inizio ai festeggiamenti. State tranquilli: l’angelo è attaccato a delle funi belle forti e non corre alcun pericolo!

Il Carnevale di Viareggio, sulla costa Toscana, è probabilmente il più scenografico. Dura un mese intero e la sua caratteristica principale è la sfilata per tutta la città di mastodontici carri allegorici, automatizzati, che generalmente prendono in giro avvenimenti di politica o attualità. 

Anche il Carnevale di Cento, in Emilia Romagna, è molto antico e usa carri allegorici, che sfilano in competizione tra loro per vincere un trofeo. 

È gemellato con il più famoso Carnevale di Rio de Janeiro dove, fino a qualche anno fa, veniva fatto sfilare il carro italiano vincitore dell’ultima edizione.

Il carnevale italiano ha un’altra particolarità, sempre legata al territorio e alla tradizione: le maschere regionali. Nate per rappresentare vizi e virtù del popolo, dal 1.500 sono diventati i protagonisti della commedia popolare. Andiamo a conoscere qualcuna.

Pulcinella è certamente il più famoso ed è diventato, insieme alla pizza, il simbolo di Napoli. É un personaggio che fa scherzi, mangia tanto e chiacchera tantissimo. In Italia si dice: “il segreto di Pulcinella” per indicare che quel segreto lo conoscono già tutti. 

Colombina di Venezia, è una serva furba, maliziosa e bugiarda, che ama spettegolare in giro e per compiacere la sua signora è disposta a combinare imbrogli su imbrogli. 

Innamorato di Colombina, Arlecchino di Bergamo, è un servo sciocco e villano. Si riconosce per il vestito multicolore: la madre, molto povera, glielo ha fatto cucendo insieme pezzi di tessuto che le hanno regalato gli amici per permetterle di fare un vestito al figlio. 

A Bologna c’è il Dottor Baldanzone che parla molto e argomenta su tutto per dimostrare la sua sapienza ma, alla fine, non si capisce niente di quello che vorrebbe dire. 

E voi, come vorreste travestirvi a carnevale? 

最新情報をチェックしよう!