まあ、結構喋れます。どうやってわたしはイタリア語を勉強したか?

  • 2020-11-13
  • 2020-11-13
  • Italia
  • 542View
  • 0件

Buongiorno ! takaoです。

今年の8月でイタリアに来て31年目に入りました。長い様で結構時間が経つのは早かったです。このブログを見ている方で今イタリア語を勉強している方も多いと思いますが、どうやってわたしはイタリア語を勉強をしたかというのは気になると思います。

わたしが一番大切だと思うのは、周りの環境だと思います。正直なところ、日本でイタリア語を学ぶのは結構大変だと思います。できるのなら少しだけでもイタリアに来てしまってどっぷりイタリア語に浸かってしまえば(もちろんその間勉強をするのは当たり前ですが)短時間でもある程度は学べると思います。

ただ、イタリアに来たとしても、環境は大切で、周りが日本人ばかりで日本語しか使っていないとイタリア語は伸びません。その逆で、日本にいたとしても、イタリア語の聞ける環境を作れば、それはイタリア語の向上の手助になると思います。

具体的には、ヒアリングはとても大切なので、常にイタリア語が耳に入ってくる様にする。例えばイタリアのYouTubeを家で常につけておいたり、移動中に聞く様にする。イタリア語のレッスンを録音しそれを何度も聞く様にするなど、日本にいてもイタリア語を学びやすくする環境は作れると思います。

イタリア語の動詞は英語より活用の変化が多く、名詞も男性名詞、女性名詞とあるので、色々面倒ですが、ヒアリングは日本語の様に大体子音、母音の発音なので、英語よりも全然聞き取りやすいです。

後大切なのは単語を覚えること、わたしはイタリアに来てすぐ、毎日30単語ずつ覚える様にしていました。初めのうちは何がなんだか全くわかりませんでしたが、覚えている単語の数が増えてくると、先ほども言った様にヒアリングはそれほど難しくないので、イタリア語が少しずつ頭に入って来る様になります。

あとは動詞の活用、これは正直結構面倒ですが覚えないとしかたないです。少しずつでも覚えてください。あと規則動詞以外に結構不規則動詞もあるのですが、不規則動詞は結構頻繁に使う単語が多いので、初めは大変かもしれませんが、使う回数が頻繁な分だけ覚えるのも早いです。楽して英語を覚えよう、とか1ヶ月で英語がペラペラに、とか言った本などありますが、そんなことはないです。語学はある程度は努力と継続をしないと覚えれません。その代わり、少しずつでも覚えていくと必ず少しずつでも話せる様になって行きます!

あとは度胸だと思います。頭の中にあってもそれをアウトプットしなければなかなか使いこなせる様になりません。恥ずかしがらずに恥をかきながらおぼえてください。言葉は間違えながら覚えるものだと思います。

もう一度言うと、イタリア語をマスターするには環境、ヒアリング、単語、動詞の活用、それと度胸が重要です。

で、来週からもう一人このブログのブロガーが増えます。彼女の名前はAnnnalisaでインスタで、イタリア語を日本人に向けて教えています。とても親切で丁寧に教えてくれるので、彼女にもブログを書いてもらい、ブログの初めの方にちょっとしたイタリア語のレッスンも入れてもらう様にします。

そのAnnnalisaが今日、インスタライブでイタリア語のオンラインレッスンをするので、時間がある方は是非見てみてください。そしてインスタでは「イタリア語の言い回し」を教えてくれているので、興味があったらフォローしてあげてください!

Perapera.it

INSTA LIVE

11月14日(土)日本時間21時

動物を使った言い回し Espressioni con i animali!

Ciao!

最新情報をチェックしよう!