ナポリ人の流儀

  • 2020-07-21
  • 2020-07-26
  • Italia
  • 449View
  • 0件

Buongiorno ! takaoです。

以前、メンズ商品の作り込みのために年に2回、夏と冬に南イタリアのナポリに行っていました。

日本で知られているナポリで有名なことといえば、ピッツァ、カフェ、マラドーナ、メンズファッションで言うとサルトリア•ナポレターナなどでしょう?

街に面して海が広がり、夜景もすごく綺麗です。近くにはアマルフィやカプリ島があり、多くの金持ちがヴァカンスを楽しみます。

こんなナポリですが、かなり特殊な場所です。イタリアは約150年前まで様々な国に分かれていたので、それぞれの街の個性は今でも強いのですが、特にこのナポリは、イタリアにあってここだけ違う国か、と言うくらい違います。

私はイタリアに長く住んでいるので、イタリア人と仕事をすることには慣れていますが、このナポリ人に関しては非常にやりにくい。ナポリではナポリ仕立てのスーツやジャケットなどが特に有名です。私たちはジャケットやシャツなどを作っていたのですが、お客さんとして商品を買う分には、ナポリのメーカーはお金を支払ってもらう立場なので、まだ良いのですが、エージェントとしてナポリメーカーからお金をもらう場合、毎シーズン、毎シーズン様々な言い訳をつけられ、支払いを先延ばしにしされます。イタリアにはこの手の人は多いのですが、特にナポリには多くいると思います。しかし、その後ナポリで会うと、何もなかったかのようにウェルカム、とてもフレンドリーなのです。多分、彼らにとってお金を支払わないということは、悪気のあることではないのかもしれませんね。

盗難もすごく多く、注意していないとすぐに盗まれてしまいます。これは観光客だけではなく、ナポリの人でも盗難にあうので、ナポリに行く方はくれぐれも注意してください。また、高価な腕時計はナポリでは絶対にしない様にしてください。知り合いのイタリア人もローレックスの時計をしていて、バイクで後ろからやってきた若者にピストルを突きつけられ、腕時計を盗られたそうです。

車線が無いので日本の標準よりも横に一台多く車が走っている

車の運転も同じ、ミラノと比べてもかなり乱暴で、車を運転していると、こちらの方にどんどん逆走してくるバイクいるし、無理な追い越しなども多いです。ナポリでは赤信号で止まっていたら後ろの車にクラクションを鳴らされた、とか、以前ロータリーに入るのは右側が優先だったのですが、ナポリでは勢いのついている車が優先とか、いろいろな話を耳にします。

イタリア人がナポリ人に対してどう思っているのか、という面白い記事を見つけたので紹介します。

世界中でナポリ人を見つける7通りの方法

ナポリ人の車の運転

ナポリ人は運転免許試験に合格すると、通常、自動車学校で学んだことを忘れてしまいます。学校では、歩行者のいるところではゆっくり運転し、右側から来る車に道を譲り、信号機を尊重する様に習います。しかしナポリでの運転は、障害物コースで運転をしている様な感じです。悲しいかな、私たちはそれを認めなければなりません。信号機では違反者を見つけるためのカメラが付いていると赤で止まるのですが、信号が黄色になると赤に変わらないないようにと加速し、青の時は… ボーッとして発進が遅れると、すぐに後ろの車からクラクションがなります!決められている道路での優先順位などは無視され、先に発進した者の勝ちになります。

ナポリの歩行者

走れ、走れ!ナポリの歩行者は車を避けて通ることに慣れています。ただ、信号を守らないナポリの歩行者はナポリ以外の街では、引かれる可能性が非常に高くなります…

ナポリ人が道を聞くとき

ナポリ人は他の国に行って道を聞く時、たとえその国の言葉がしゃれれなくても必ずどうにかして目的地に着ける能力を持っています。

ナポリ人が話すとき

ナポリ人は、手を動かさず話すことができません。1つ1つの言葉は独自のジェスチャーを伴います。

ナポリ人とサッカー

男性、女性、子供、誰であろうとナポリではサッカーは1つの信仰となっています。サッカー以上に重要なスポーツはありません。スタジアムにはトランペット、バナーなどを持って行きます…

ナポリ人の対応力

ナポリ人は標準よりも高い適応能力を持っています。急にどんな事態が起きても難なくかわせる事ができるのです。

ナポリピッツア

ナポリ人の日曜日のお昼

ナポリの日曜日は、クリスマスにほぼ匹敵します。起きたときにはすでにラグーソースの匂いがし、これから始まる長い戦いに挑むことになります。おじいさんの家には一家全員が集まってきます。午後2時にまず食前酒から始まり、その後パスタと続きます。満腹になってもどんどん食べされられ、メイン、デザートと続いて行きます。

がんばれナポリ!

まあそんなナポリですが、ナポリ人にとってナポリという街はとてもスペシャルな街らしく、地元愛が非常に強いです。昔マラドーナのプレースていたナポリのサッカーのチームや、日本ではあまり知られていないと思いますが、ナポリ語で歌うシンガー・ソングラーター、ピーノ・ダニエレなどは(Pino Daniele)熱狂的なファンがたくさんいます。

個性的で良いものもたくさんあるのですが、ナポリ人スタンダードと仕事をするのはやめときます… 

Ciao !

最新情報をチェックしよう!