マット・デイモン、ジョニー・デップがトリノにチョコレートを買いにやって来る!

  • 2020-09-20
  • 2020-10-15
  • Laura, Food
  • 178View
  • 0件

Cari amici golosi e non,  (食いしん坊の人、そうでない人、こんにちは!)

今日は皆さんに特別なお店を紹介しようと思います。

その素晴らしい製造方法で、食の専門家や世界的に有名なスターがやって来くるお店、イタリアの有名なグルメ専門誌ガンベロロッソから3つのコーンを受賞した、トリノの王にもふさわしいほどの素晴らしいお店マーラ・デイ・ボスキ(Mara dei boschi)です。

このお店は、単なるジェラテリア、チョコレートショップ、カフェではなく、最高品質の原材料を使用し、斬新で、誰も想像もつかないような素材のコンビネーションが生まれる味の実験場です。ここでは、素材のオリジナルの味を最大限に活かすため、脂肪分と糖分はほどんを使いません。

時には、ロマンチックに、昔経験した懐かしい味の再現に挑戦します。エモーショナルな味を再現するのに、時には数ヶ月、いや数年を費やします。

個性的な味わいを体験できるお店は全部で3ヶ所あり、それぞれのお店で特別なものを出しています。

朝は、他のお店と比べようがないほどのセレクションのコーヒーから始まります。

続いて正午には、自然な素材でおいしいアイスクリームを味わうことができます。約20種類のフレーバーは、季節や野菜果物市場で何が旬かによって、そのときに作られるジェラートの種類が変わります。特に果物に関しては、そのときに何がおいしいかによって作られるジェラートが大きく変わります。

そうそう、窒素アイスクリームというのもありますよ。ただ、この特別なジェラートは、予告なしで提供されるため、いつこのジェラートにめぐりあえるかはわかりません。

おやつの時間は、作り立てのお菓子と紅茶、少ない生産量で愛好家のみ知っているような価値のあるお茶をマーラ・ディ・ボスキが選別し取り扱っています。またお茶の入れかたは日本や中国のしきたりにならって入れています。

夜は食とのペアリングになります。ピーマンのジェラートにトリュフのチップスと ペルラージュ・ディ・アッチューガ(perlage di acciuga、アンチョビクリーム)ケッパーとハーブの入ったダークチョコレート、その他多くのユニークなこのお店のチョコレートの種類があります。そしてベルモットのスプリッツなど洗練されたカクテルの種類も豊富に揃えています。

ここから、生産者やシェフ、そして発明者とのアイデアや経験を交換するコラボレーションが生まれました。

また、マーラ・ディ・ボスキのチョコレートは芸術作品にもなりました。四角いピクセルの箱(scatola di cubi-pixel )は四角形のジャンドゥーヤ(Torinoの柔らかいチョコレート 菓子)は有名メガネメーカー、ヴァンニのピクセルコレクション用(Vanni Pixel collection)に考えられました。

限定品のクリームチョコレートは、これまでの伝統的なチョコレートの形を根本的に変えました。ヴェネツィア のビエンナーレ美術展にも出展するアーティストピエロ・ゴリア(Piero Golia)のセメントと金の立方体の作品からインスピレーションを受けたチョコレートを製造しました。

デザインも細かなところまでよく考えられ、とても創造的です。その中でも錠剤の形をしたチョコレートのアイデアはとてもユニークです。

こじょチョコレートの箱の中に入っているカードには、イタリア語と英語で、「昔の時間に戻るには」、「素敵になるには」、または「物事を理解するには」どう言ったチョコレートの組み合わせが必要か書いてあります。

最後に、なぜこの店はマーラ・ディ・ボスキ(Mara dei Boschi)というのか?il Mara de bois(フランス語でMara dei Boschiの意味)とは苺の一種で、その味は貴重な野生の小苺の味によく似ています。その品質の高さと、素材とクオリティーの研究は素晴らしいという意味をこの質に高い苺にかけてマーラ・ディ・ボスキ(Mara dei Boschi)になりました。

イタリア、トリノに旅行で行かれる際は是非行ってみてください!

A presto!

ユースフルリンク:

Mara dei Boschi

Via Berthollet 30 | 011 0769557

Piazza C. Emanuele II, 21 | 011 0266159

Corso de Gasperi 57 | 011 18891679

About Laura

ラウラ(Laura)の他のブログ

最新情報をチェックしよう!