PROFILE

takao – 坪内隆夫

東京モード学園ファッションデザイン学部卒業。ロンドンに1年間滞在後、1989年から現在までミラノ在住。

ミラノにてファッションデザイナーのアシスタントとして経験を積んだのち独立し、レディースオーダーメイドショップ『TAKAO MILANO』オープン。

自身のコレクションをNY、PARIS、MILANOの展示会で発表する。若手デザイナーを中心とした展示会”UPSIDE MILANO”をミラノ・ファッションウィーク開催中に主催する。その間、繊研新聞社主催の展示会IFF CREATERS VILLEGEとUPSIDE MILANOとの間で交換デザイナープロジェクトを行う。

その後インターナショナルセールスエージェント及びコンサルタントとして現在に至る。2012年から日本のメンズブランドの海外での販売及びプロモーションを行う企画JAY PROJECTをPITTI UOMO、BREAD & BUTTER BERLIN 、MAN PARIS、LIBERTY NY、CAPSULE PARIS等の展示会及びミラノでショールームを設けて開始する。現在は日本および海外ブランドの販売促進及び、海外の展示会、ファッションウィークなどへのコンサルタント業務を行っている。

 

 

これまでの主なセールス担当海外ブランド

ALBINO TEODORO、ANTONIO MARRAS、TER ET BANTINEその他多数。

 

 

PITTI UOMOで紹介した日本ブランド

KUSKA、COPANO86、JUN HASHIMOTO、MARK & LONA、NATIC MARINE、ORDINARY FITS、RIDING HIGH、ROCKY MOUNTAIN FEATHERBED、SUPERIOR LABOR、RIDING HIGH…

 

 

これまでの主なコンサルタント業務

•経済産業省主催のミラノの靴の展示会MICAM内のJAPAN BOOTH販売コーディネイト 2014年9月/2018年2月

•日本皮革産業連合会主催のミラノの鞄の展示会MIPEL内のJAPAN BOOTHでの販売コーディネート 2015年9月 –

•MFU (日本メンズファッションユオン)のPITTI UOMOでの販売コーディネート 2015年7月/2017年6月

•ミラノで開催される世界最大のバックの展示会MIPEL (ASSOPELLETIERI主催) のコンサルタント 2017年 –

•MIPELの東京での展示会MIPEL TAILOR MADEのオーガナイズ及び販売コーディネイト 2018年7月

•MIPELとミラノのアパレルの展示会THE ONE MILANOの合同展示会を渋谷ヒカリエ内で開催される展示会PLUG IN内でのオーガナイズ及び販売コーディネイト 2019年10月

•梅田阪急デパートのイタリアンフェアー内でのMIPELのポップアップコーナーの企画及びコーディネイト 2019年11月、2020年10月

•日本のネクタイブランドKUSKAの海外販売促進  イギリスロンドンサヴィル・ローの老舗HUNTSMANへの販売開拓

•ミラノコレクションを主催しているCAMERA NAZIONALE DELLA MODA ITALIANA (イタリアファッション協会)外部コンサルタント 2018年 –

 

 

セミナー

2005/6年   IFF (繊研新聞) 2回 日本ブランドの海外進出について

2007年3月   台東デザイナーズヴィレッジ

  『ヨーロッパで唯一の日本人主催による合同展 UPSIDEの挑戦』

2015年3月   JETRO アパレルブランド欧州市場開拓セミナー  

『海外は日本と違う!』

 

 

掲載

繊研新聞電子版 繊研+plusにて自分のページを持っています。坪内隆夫 Page https://senken.co.jp/categories/ttsubouchi

 

繊研新聞 1面 2020年4月2日

 

JETRO ミラノスタイルにて紹介 (P34/35) ミラノを代表するセレクトショップBIFFIとANTONIAのバイヤーとの座談会 2018年

繊研新聞  2012年8月

繊研新聞 1面 2012年1月6日