どうしてここまでカッコ良い イタリアのユニフォーム!

  • 2020-09-12
  • 2020-09-12
  • Fashion
  • 268View
  • 0件

いつも日本に帰った時に思う事、日本のユニフォームってすごくかっこわるいんですよね…

まず、毎回思うのが新幹線の掃除作業員のユニフォーム。多分元気がある様に見せようと言う事でそうなったのだと思うけれど、あのピンク色、結構ご年配の人も働いている様ですが、あのピンクはちょっと着てる人かわいそう。サイズ感も、どんな体型の人でも着れるようにと、ああなったんだと思うのですが…

あと警察官のユニフォームもだっぷりとしてあまりシャープさがないような気がします。もちろんイタリア人と比べると体型の差もあるとは思いますが、それだけではないです。

で、イタリア、イタリアの警察のユニフォームはいつ見てもかっこいい!イタリアの警察には色々種類があるのですが、その中でも特にカッコ良いのはカラビニエリ(Carabinieri 国家憲兵のユニフォームです。まず、シルエットがかなり行けてます。間違いなく体型の良さがユニフォームを通して出ているとは思うのですが、シルエットはかなり研究されています。

カラビニエリですが、1814年7月13日、サヴォイ家のヴィットリオ・エマヌエーレ1世が、サルデーニャ王国の大陸の部分がナポレオンの軍隊に占領されていたために亡命していたサルデーニャ島のカリアリからトリノに戻った時に、警察の役目をさせるため、ロイヤルカラビニエリを設立させました。

ユニフォームの話題に戻ります。ひとつひとつのディティールがとてもよく研究されています。黒に赤く太いラインが横に入ったパンツ、肩章の周りのパイピングも赤です。それに真っ黒のロングブーツ。

車を止める時に使うパレッタはブーツに入れて

普段は白いシャツに黒いネクタイをしていますが、黒いニット素材のハイネックを着る場合もあります。パンツの素材も布帛ではなく、ジャージ素材です。こういった素材を警察のユニフォームで使う事はあまりないと思います。

つなぎのユニフォーム Wikipediaから

夏はジャージのパンツに青の半袖シャツを合わせます。つなぎのユニフォームもあるのですが、それもかっこいいです。

さてさて、このユニフォームのデザインですが、やはりイタリアを代表するデザイナーアルマーニによってデザインされました。さすがデザインの国イタリアのユニフォームですね。

旅行でイタリアに来られた時、こういったことを見てみるのも面白いと思います!

ちなみにこれは警察の自転車部隊

最新情報をチェックしよう!