ヴェネツィア映画祭についての 7つの興味!

Blog – The Japanese Venice

Ciao fioi!  (ヴェネツィアの方言で「皆さんこんにちは」という意味)

ヴェネツィアからヴァレンテイーナとイマノルです!

今日は開催まっただ中のヴェネツィア国際映画祭について皆さんにお話しようと思います!

毎年、8月の終わりから9月初めにかけ、ヴェネツィアビエンナーレが主催する国際映画アート展は、映画愛好家やその他の人々によって世界中で最も有名で愛されているフェスティバルの1つです。

毎年私たちは、コンテストが行​​われるヴェネツィアのリード島に行き、今年の最新情報を得たり、映画を見たり、ハリウッド俳優の写真を撮ったりしています。

コロナによる世界的パンデミックによって、映画の世界でさえ活動が止まったこの異常な期間の後、ヴェネツィア・ビエンナーレは、ヴェネツィアと映画の世界を再始動させるために、このフェスティバルを実施することを決定しました。当然、セキュリティーを厳しくしてでの開催です。

ヴェネツィア映画祭の7つの興味は次のとおりです!

皆さん知らなかったんじゃないかな?

1.第1回目のフィルムアート展は1932年に開催され、今日のようなコンテスト形式ではありませんでした。現在でもVIPが滞在するホテルエクセルシオールのテラスで、いくつかの映画の上映されていただけでした。

2.このフェスティバルはヨーロッパで最も古く、オスカー賞が授与されるアメリカのアカデミー賞に次ぐ世界で第2番目に古い映画祭です。

3.みんなが望む一番の賞は金獅子賞です。ヴェネツィアとその守護聖人サン・マルコを象徴し、その特徴は翼のあるライオンです。これは、カンヌのパルム・ドール、アカデミー賞のオスカーとともに、世界中の俳優から最も切望されている賞の1つです。 フェスティバルのもう1つの重要な賞は、映画界から影響力のある人物に授与される「栄誉金獅子賞」です。この栄誉ある賞を受賞した俳優は、チャーリー・チャップリン、フェデリコ・フェリーニ、フランシス・フォード・コッポラ、ウッディ・アレン、宮崎駿。そして今年の受賞者は、ティルダ・スウィントンとアンフイです。

4.コンペティション映画を視聴できる会場は、すべてヴェネツィアのリードの5つの場所に配置されており、合計5763席あります。それぞのの会場にはレッドカーペットが設けられています。 ただし、最も重要な会場はパラッツォ・デル・シネマで、チケットを事前に予約することができれば、主人公と一緒に映画のプレミアを見ることができます。 皆さん、ブラッド・ピッドと一緒に映画を見たくないですか? 5. 1952年、黒澤明の羅生門がオスカーに先駆けて金獅子賞を受賞しました。 ヨーロッパや世界に向け、日本映画の道を切り開いたのは、まさにこのヴェネツィア映画祭です!

6.一部、賞を受賞できなかった作品でも、のちに有名になることがあります。これは、ブレードランナー(1982)、神経衰弱ぎりぎりの女たち(1988)、 お熱いのがお好き(1959)、夏の嵐(1954)、グッドフェローズ(1990)などです。 7. 何年にもわたって、女優同士の喧嘩もヴェネツィア映画祭のファンの注目を集めてきました。最も印象的なのは、ソフィア・ローレンとブリジット・バルドーとの間です。1958年ソフィア・ローレンは、映画「ブラック・オーキッド」で女優賞(coppa volpi)を受賞しました。ライバルに賞を取られ、それに嫉妬したブリジット・バルドーは怒って会場を去ってしまいました。この1958年の映画祭は稲垣浩が金獅子賞を受賞しています。 もしあなたが映画に情熱を傾けているなら、この期間に旅行しヴェネツィアに来ることを是非お勧めします! この時期街には多くのイベントがあり、独特の雰囲気があるからです。すでに映画祭に行ったことがある人、または行きたい人もどうぞ私たちにコメントをください!そして、フェスティバルで上映されたお気に入りの映画を教えてください! また次のブログで! イマノルとヴァレンテイーナ The Japanese Veniceの他のブログ  

—————————————————

In italiano

7 Curiosità sulla mostra del cinema di Venezia

Come ogni anno, tra la fine di agosto l’inizio di settembre, a Venezia si svolge la mostra internazionale d’arte cinematografica organizzata dalla Biennale di Venezia, uno dei festival più conosciuti e amati dagli appassionati di cinema e non solo. 

Anche noi ogni anno andiamo al Lido di Venezia, dove si svolge il concorso, per curiosare le novità, vedere qualche film e cercare di fare qualche foto agli attori di Hollywood.

Dopo questo periodo anomalo, durante il quale anche il mondo del cinema si è fermato per via della pandemia globale, la Biennale di Venezia ha deciso di svolgere lo stesso questo festival per rilanciare Venezia e il mondo del cinema. Ovviamente con delle modifiche per rispettare i protocolli di sicurezza.

Ecco quindi le 7 curiosità sulla mostra del cinema di Venezia, che forse ancora non conoscevate:

  • La prima edizione della mostra d’arte cinematografica non era una competizione come lo è oggi, bensì solo una proiezione di diversi film proiettati sulla terrazza dell’esclusivo Hotel Excelsior, l’hotel dove ancora oggi soggiornano i Vip.
  • Questo festival è il più antico d’Europa (la prima edizione fu nel 1932), e secondo al mondo solo agli Academy Awards americani, dove si consegnano gli Oscar.
  • L’ambito primo premio è il Leone d’Oro. Esso rappresenta Venezia e il suo Santo Patrono San Marco, il cui simbolo è proprio un leone alato. Questo è uno dei premi più ambiti dagli attori di tutto il mondo assieme alla Palma d’Oro di Cannes e gli Oscar degli Academy Awards. Un altro importante premio del festival è il Leone d’Oro alla carriera, assegnato a personalità influenti del mondo del cinema. Fra gli attori vincitori di questo premio Charlie Chaplin, Federico Fellini, Fercis Ford Coppola, Woody Allen, Hayao Miyazaki. Quest’anno le vincitrici sono Tilda Swinton e Ann Hui.
  • Le sale in cui è possibile assistere alle proiezioni dei film in gara sono distribuite in 5 sedi distaccate, per un totale di 5763 posti, tutte situate nell’area in cui si svolge il Red Carpet, al Lido di Venezia. 

La sede più esclusiva è però il Palazzo del Cinema, dove, prenotando con largo anticipo il biglietto, è possibile vedere la prima del film con i protagonisti. Vi piacerebbe vedere un film assieme a Brad Pitt?

  • È proprio al festival del cinema che nel 1952 Rashomon di Akira Kurosawa vincerà il Leone d’Oro per il miglior film, ancora prima degli Oscar, aprendo la strada al cinema giapponese in Europa e nel mondo.
  • A volte alcuni film non premiati raggiungono poi l’apice del successo. È il caso di Blade Runner (1982) , Donne dull’orlo di una crisi di nervi (1988), A qualcuno piace caldo (1959), Senso (1954), Quei bravi ragazzi (1990)
  • Anche le guerre tra attrici e prime donne, nel corso degli anni, hanno attirato l’attenzione dei fan della Mostra del Cinema di Venezia. La più eclatante è quella tra Sofia Loren e Brigitte Bardot: la seconda nel 1958 abbandonò stizzita il Festival a sentire che la sua “nemica” aveva vinto un premio per il film Orchidea Nera.

最新情報をチェックしよう!