イタリアのデザインアイコン VESPA

  • 2020-08-25
  • 2021-01-16
  • Laura, Trip
  • 98View
  • 0件

ブログ Laura

Ciao amici,

ご存知のように、イタリアデザインのアイコンの1つには、ニューヨークのMomaでも展示され、イタリアだけではなく世界で小型バイクの歴史を乗り越えてきたスクーター、ヴェスパ(Vespa)があります。

ヴェスパは1946年に特許を取得し、そのデザインはとても独創的で、市場に出回っている他のすべてのオートバイとは異なっていました。

なんとこのプロジェクト、オートバイを嫌う航空エンジニアに委託されたのです!したがって、彼は快適に肘掛け椅子に座りながら運転のできるスクーターを設計しました。

このプロジェクトは少しの期間で無くなるはずでした。鉄道と航空業界のリーダーであるジェノヴァの会社ピアッジョは、第二次世界大戦といくつかの生産工場の破壊によって引き起こされた経済危機から抜け出すため、簡単に組み立てられるオートバイを作ろうとしました。

ヴェスパが生まれてすぐはそれほど人気はありませんでした、しかし10年後には100万台を販売するにまでに至っていました。これはヴェスパが都市生活において理想的な交通手段だったためです。

バイクとは異なり、服を汚さず、女性でも運転する事ができ、取り扱いがしやすく、交通問題も解決してくれました。スピードは時速60kmにまで達っするため、週末の小さな旅にもよく使用されました。

ヴェスパの名前は、このスクーターのプロジェクトを依頼した起業家エンリコ・ピアッジョがプロトタイプを見たときにエンジン音と車体を上から見ると虫のような形だったことから、「スズメバチのようだ!」と叫んだことに由来しています。

Piaggioは初めからコミュニケーションにとても力を入れました。 1946年、一番初めの広告ポスターでは、スクーターに乗る働く女性を描いています。女性が初めて投票権を得たばかりの国では、それはとても革新的なメッセージでした。

しかし、その中でも映画がこのヴェスパを世界的に有名にしました。ヴェスパはさまざまな映画に登場し、その中で最も有名な映画といえば、オードリー・ヘップバーンのローマの休日、マルチェッロ・マストロヤンニのラ・ドルチェ・ヴィータ(La dolce vita)です。

アニメのフリクリでは、ハルコは黄色のスーパースペシャルヴェスパを運転していました。このヴェスパは性能良く改造され、かなりのスピードが出るようになっていました。

80年代、ヴェスパの細かなディティールは変わったものの、その個性はそのまま継続されました。どのようなモデル、排気量、製造年を取ったとしても、常に間違える事なくすぐにヴェスパだと分かります。

多くのヴェスパ愛好家さん、トスカーナのポンテデーラ(フィレンツェからそれほど遠くない、ピサの近くの街)のピアッジョ博物館は、大人だけではなく子供にとっても、世界で最も愛されている二輪車の歴史をたどるのに、絶対に見逃すことのできない博物館です。

A presto!

ユースフルリンク:

Vespa – www.vespa.it

Museo Piaggio – Viale Rinaldo Piaggio 7, Pontedera

ラウラ(Laura)の他のブログ

In italiano

La ハチ (=Vespa) che non punge, anzi: è un’icona del design italiano!

Cari amici,

come già sapete, una delle icone del design italiano – è esposta anche al Moma di New York – è sicuramente la Vespa, ovvero lo scooter che ha attraversato la storia dei ciclomotori, in Italia e nel mondo. È stata brevettata nel 1946 e la sua progettazione, per essere originale e diversa da tutte le altre moto in commercio, venne affidata ad un ingegnere aeronautico che odiava le moto! Disegnò, quindi, uno scooter attorno ad un uomo comodamente seduto in poltrona.

Pensate che questo progetto doveva essere di breve durata: l’azienda genovese Piaggio, leader nel settore dell’industria ferroviaria e aeronautica, voleva produrre una moto di facile costruzione per uscire dalla crisi economica causata dalla seconda guerra mondiale e dalla distruzione di diversi stabilimenti produttivi. 

Inizialmente non ha avuto molto successo ma dopo solo 10 anni ne vendettero 1.000.000 di esemplari perché era il mezzo di trasporto ideale per la città: contrariamente alla moto, non sporcava i vestiti e potevano usarlo anche le donne, era maneggevole e risolveva il problema del traffico e, grazie alla sua velocità che raggiungeva i 60km/ora era utilizzata spesso anche per le gite del weekend. 

L’origine del nome “Vespa”, deriverebbe dall’esclamazione dell’imprenditore Enrico Piaggio (che commissionò lo scooter) quando ne vide il prototipo: «sembra una vespa!», per via del suono del motore e delle forme della carrozzeria che, vista dall’alto, la rendono somigliante all’insetto.

Sin da subito, Piaggio è stato molto attento alla comunicazione del prodotto. Il primo manifesto pubblicitario, del 1946, ritrae una donna lavoratrice in sella allo scooter. É decisamente un messaggio moderno, in un paese nel quale le donne hanno appena votato per la prima volta.

Ma è il cinema che ne decreta il successo mondiale. La Vespa appare in svariati film e tra i più famosi: Vacanze romane con Audrey Hepburn e La dolce vita con Marcello Mastroianni.  

Nell’anime フリクリ il personaggio di Haruko guida una Vespa Super Special gialla, opportunamente modificata e in grado di raggiungere alte velocità.

In quasi 80 anni, la sua linea, pur variando nel particolare, rimane inconfondibile: qualunque sia il modello, cilindrata e anno di produzione, la Vespa è sempre identificabile senza possibilità di errore.

Per i molti appassionati sappiate che in Toscana, a Pontedera (vicino a Pisa e non distante da Firenze), il Museo Piaggio è un’esperienza da non perdere, divertente anche per i più piccoli, per ripercorrere la storia del mezzo a due ruote più amato al mondo. 

A presto!

Link e indirizzi utili:

Vespa – www.vespa.it

Museo Piaggio – Viale Rinaldo Piaggio 7, Pontedera 

About Laura

最新情報をチェックしよう!