アフターコロナの中、イタリア人はどうやって仕事をしているか

  • 2020-07-02
  • 2020-07-02
  • Italia
  • 166View
  • 0件

Buongiorno ! takaoです。

今回のコロナ問題で、百聞は一見に如かず、ということがよくわかりました。イタリアにいてミラノから一切動いていなくても、オンラインニュースである程度日本や他の国の状況は把握できています。ただそれは、イタリアの状況を踏まえつつ他の国の状況を想像しているのだけなのですが。今回のコロナ問題に関しては、前例の無いことが起こっているのと、他の国に行くことができなかったので、イタリアの現状をベースに他の国もこうだろう、と想像していると、全くそうでないことが結構ありました。

その中で分かったのが、コロナ対策でイタリアのルールは他の国に比べかなり厳しく、その決まりをきちんとイタリア人は守っていたということでした。イタリア基準だと、外出する時には必ずマスクはしなくてはいけなく、マスク無しの外出は一先考えられません。先日知り合いがフランスに行ったのですが、マスクをしていなかった人が結構多かったとか、イタリアはロックダウンになってから唯一外出のできる買い物の時には必ずマスクが必要でしたが、イギリスは6月も後半になってやっと、マスクの着用が義務付けられたようです。昨日もスペインに住んでいるイタリア人とチャットしたのですが、「スペインではみんなちゃんとマスクしている」と言っていたので、「イタリアもそうだよ、外出の際はいつでもみんなしてるよ、」と言ったら、「電車に乗る時とかスーパーマーケットに行く時とかには付けている」と付け加えたので、「じゃあ、歩いている時はしていないの?」って聞いたら「一人で歩いている時には必要ないじゃん」と言いうことだったので、あれだけ多くの感染者が出たスペインでも、自分たちはマスクをしているつもりでも、イタリアに比べるとそれほど厳しくなかったようです。私の住んでいるミラノは今回かなり多くの感染者が出ているので、イタリアの他の地域に比べるとかなりの人が決まりを守ってマスクをしているのかもしれません。ミラノは一番ひどい時、一日何度も救急車のサイレンの音がしていました。特にロックダウン中車は動いていなかったので外は昼間でも静かで、そのサイレンの音はかなり響いていました。ひどい時には1日に1000人以上の方が亡くなっていたので、ルールも他の国と比べ、かなり厳しいのだと思います。

本題のイタリア人は今どのように仕事をしているか、ということですが、イタリアは日本とは違い、フリーランスで仕事をしている人がかなり多く、そう言った人はやはり自宅で仕事をしています。仲の良い何人かの知り合いは、普段ミラノで仕事をしいる人でも、湖や海の近く出身なので、そこにセカンドハウスを持っていて、ミラノではなくそこに行ってのんびり仕事をしています。やはりその辺は日本との大きな違いだと思います。イタリアに来てまだ間もないころ、日本はまだバブル真っ只中で、なんでイタリアってこんなにのんびり無理せず仕事をするんだろう?と思っていました。その頃日本では「どんどん稼げ!」と言った風潮で、実際にも稼げていました。当時私はイタリア人遅れているな、と本気で思っていたのですが、ここ最近になってイタリアが遅れていたのではなく、日本が遅れていたのだ、という風に思うようになってきました。イタリア人は無理して仕事はしません。無理して仕事をしてもそれほど儲かるわけでもなく、ストレスばかりたまるので… イタリア人の一番優先していることは「人生を楽しむ」ということです。日本では値段をかなり値切られても仕事がもらえるのであれば受けてしまう、ということが多いと思いますが、イタリアでは安くする努力は当然してくれますが、そんなに無理してまで仕事を取ろうとしません。そんなことをしたら仕事を他に取られてしまう、と思われるかもしれませんが、どこもそうなので、これでうまく回っているようです。日本も最近では大手企業でも労働者の仕事を一生保証してくれるかというとそんなことはなくなっているし、今回のコロナの問題もあって、無理して稼いでも、と言った流れになってくると思います。そうすればデフレの問題も無くなってくると思います。私は少し贅沢はできなくなったとしても、その方が人間らしい生活ができると思います。これからはいくら一生懸命勉強して良い仕事を得たとしても、その会社にずっと入れるかどうかは未知数なので、学歴もそれほど重要にならなくなってくると思います。そうなると、子供は無駄な塾にもいかなくてもすむし、塾へのお金も必要なくなってきます。

ちょっと話が逸れてしまいました。それで、イタリア、こちらではどうやら仕事場で冷房をつけるのは、空気の循環を妨げるということで、できないそうです。それで、仕事場に行って冷房なしの暑いところで働くのではなく、家で仕事をするようにしているところが多いようです。私の知り合いも結構これでやっていて、時々オフィスに行っています。

そんな感じのイタリアですが、これまでルールが厳しかったおかげで、最近は新しい感染者も亡くなる方もかなり少なくなっています。これから第2波がきたとしても、もうイタリア人はそれの防御の仕方を知っているし、見た目より結構怖がりが多いので、私は他の国よりも少ない感染者を保つことができると思っています。

それにしてもいつになったら日本に帰れるんだろう…

Ciao !

最新情報をチェックしよう!