世界一美しい広場はヴェネツィアにあり!

  • 2020-06-24
  • 2020-10-15
  • Laura, Trip
  • 160View
  • 0件

この地区の中心には世界で最も美しい広場の一つサン•マルコ広場があります。

3つの側面を旧行政館に囲まれ、正面には美しくそびえる鐘楼が広場を見渡す壮大な大聖堂があります。サンマルコ広場の旧行政館はとても荘厳な建物で、その表側にある前廊には1720年に開店した世界で最も古いカフェであるカフェ•フロリアンをはじめ、多くの有名なカフェが軒を並べています。

サン•マルコ大聖堂の建設は1063年に始まり、1617年に完成するまで長年にわたって多くの改造がなされました。そのため、ロマネスク様式のビザンチン様式やゴシック様式など、さまざまな建築様式が見られます。鐘楼の先端部分には、高さ3メートルの大天使ガブリエルの黄金の像があり、その天使の翼のおかげで、風を受けるとまるで帆のようにそれ自体が回転できる様になっています。この像が大聖堂に向いているとき、つまりシロッコの風が吹いているとき、ヴェネツィア人にとっては、高水があり、ヴェネツィアが浸水するという合図になります。98メートルの高さの鐘楼からは壮観な街の景色を眺めることができます。

もう1つの魅力的なパノラマポイントは、スカーラ•コンタリーニ•デル•ボヴォロ (Scala Contarini del Bovolo)の最上部にあります。折衷様式の荘厳ならせん階段(ベネチア語:bovolo)ですが、複数のアーチ型の窓があり、とても意外性のある優雅な建物です。

パラッツォ•ドゥカーレ(Palazzo Ducale)は中世とルネサンスの間に建てられた建物で、とても美しく、それ自体すでに傑作なのですが、現在はティントレットなどヴェネツィアを代表する画家の作品を展示した美術館として使われています。この宮殿は「ため息橋」で古代の刑務所とつながっています。この橋の名前はとても洗練されロマンティックなのですが、その名前の由来となった”ため息”とは若い恋人たちのものではなく、ドゥカーレ宮殿の裁判所で裁判にかけられ、刑務所に送された有罪判決を受けた人たちのものと言われています。

かなり昔から続けらているヴェネツィアのカーニバルは、サンマルコ広場で祝われます。一番古い公式な文献に残されているのは1296年に遡ります。カーニバルのオープニングは、「空を飛ぶ天使」から始まります。中世の洋服を着た若い女王がロープに固定され、大聖堂の鐘楼の上から、歓声を上げる群衆の上を広場で宙を舞います。

カルタルーガ“Kartaruga”は、ヴェネツィアンマスクの製造で最もよく知られているアトリエの一つです。ここでは、スタンリー・キューブリックによる映画”Eyes wide shut”のマスクが製造され、アクロバティック•サーカスで有名なシルク・ドゥ・ソレイユもここでマスクを作っています。アトリエでは、ヴェネチアンマスクの作り方に関するデモンストレーション•ワークショップも開催しています。

サン•マルコ広場から移動すると、他の多くの興味深いポイントが見つかります。2005年、フランスの起業家、フランソワ•ピノー (ケリンググループの社長  – グッチ、イヴ•サンローラン、バレンシアガ、アレクサンダー•マックイーン、ボッテガ•ヴェネタなど)は彼の個人の美術品(絵画、彫刻、写真とビデオ)の展示のためパラッツォ•グラッシ(Palazzo Grassi)を購入し、現代アートとモダンアート、アルテ•ポベーラ、ミニマリズム、ポストミニマリズム、ポップアートを展示することにしました。この美術コレクションは、世界5大コレクションの中の一つと言われています。この時のグラッソ宮殿の改築と改修は日本の建築家安藤忠雄によって行われました。

もう一つの歴史とファッションを組み合わせた場所はパラッツォ•トーレス(Palazzo Torres)にあります。ドルチェ&ガッバーナは2017年、アンティック調の大理石のモザイクの床、金箔で飾られた壁、格天井、オリジナルの羽目板とムラーノ島で作られたガラスとゴールドで出来たヴェネシャンガラスの巨大なシャンデリアで豪華に装飾された素晴らしいブティックをオープンしました。

パラッツォ•グリマーニ(Palazzo Grimani)はルネサンス建築の傑作であり、テンポラリー美術展を開催しています。

長い歴史と美しさに富んだもう1つの宮殿は、1400年代の後半に建てられたパラッツォ•フォルトゥーニ(Palazzo Fortuny)です。長い間放棄されていために退廃していましたが、1800年後半に、フォルトゥーニ家がドレスのクリエーションや生地のプリント、シルクやベルベットなどの生産をするためにこの場所に戻ってきたことを機に再び以前の美しさを取り戻しました。現在ここは展示会場やイベント会場として使われていますが、今でも生地などは他の場所で生産されています。

音楽愛好家にとって生命の象徴であり、ヴェネツィアの象徴でもあるフェニーチェ劇場は、フェニーチェ、いわゆる不死鳥から名前が由来しています。1792年に発足し、神話上のフェニーチェと同じ様に一度燃えてまた灰から生き返りました。 以前劇場のあった建物は1773年に火事で焼けまた再建されましたが、1836年と1996年に再び火事によって大きく破壊されました。長年にわたる骨の折れる再建の末、2003年に劇場は3回目の灰から生き返りました。本当に運命の名前です。

この地区にあるヴェネツィアのもう1つの象徴は、ホテル•ダニエリ(HOTEL DANIELI)です。非常に古く、今でも昔のままに保存されているこの街には、歴史的建造物が多く、それをホテルにも使用していますが、1822年からパラッツォ•ダンドロに位置するこの5つ星ホテルは、王やゲーテ、マルセル•プルースト、ワグナー、クロード・ドビュッシー、チャールズ・ディケンズなど、多くのセレブリティーを迎えたことでその中でも最も有名なホテルです。また、ザ•ツーリスト(アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・ディープ)や007シリーズの3つの映画のセットとして利用されました。

イタリアは食べ物でも有名なので、料理学校についての言及も見逃せません。歴史のあるホテルのテーマを続けることにして、ザ•グリッティ(The Gritti Hotel )のグリッティ•エピキュリアン•クッキングスクール(The Gritti Epicurean cooking school)について簡単に話します。 このホテルは1895年に高級ホテルの仲間入りし、権威のある賞の受賞経験のあるシェフが経営するレストランに加えて、1975年に開校した料理とワインのテイスティングスクールも併設しています。

ヴェネツィア情報

•スカーラ•コンタリーニ•デル•ボヴォロ、コルテ•コンタリーニ•デル•ボヴォロ

Scala Contardini del Bovolo, Corte Contarina del Bovolo 4303 www.gioiellinascostidivenezia.it/en/

•カフェ•フロリアン

Caffè Florian, Piazza San Marco 57 www.caffeflorian.com/en/

•パラッツォ•ドゥカーレ

Palazzo Ducale, Piazza San Marco, 1 https://palazzoducale.visitmuve.it/en/home/

•ヴェネツィアのカーニバル

Carnevale, sito web ufficiale: www.carnevale.venezia.it/en/

•アトリエ•カルタルーガ

Atelier Kartaruga, Calle del Paradiso 5756 https://kartaruga.com

•パラッツォ•グラッシ

Palazzo Grassi, Campo San Samuele 3231 www.palazzograssi.it

•パラッツォ•グリマーニ

Palazzo Grimani, Ruga Giuffa, 4858 https://polomusealeveneto.beniculturali.it/musei/museo-di-palazzo-grimani

•パラッツォ•フォルトゥーニ

Palazzo Fortuny, S. Marco 3958 https://fortuny.visitmuve.it/en/home/ 

•ヴェネツィア•スタジアム

Venetia Studium S.r.l. – www.fortuny.shop/

•フェニーチェ劇場

Teatro La Fenice, Campo San Fantin 1965 www.teatrolafenice.it/en/

•ホテル•ダニエリ

Hotel Danieli, Riva degli Schiavoni 4196 www.marriott.co.jp/hotels/travel/vcelc-hotel-danieli-a-luxury-collection-hotel-venice

•グリッティ•エピキュリアン•クッキングスクール

The Gritti Palace e scuola di cucina, Campo Santa Maria del Giglio 30124  www.marriott.co.jp/hotels/travel/vcegl-the-gritti-palace-a-luxury-collection-hotel-venice, www.thegrittiepicureanschool.com/specials

About Laura

ラウラ(Laura)の他のブログ

最新情報をチェックしよう!