いつになったら着く?! イタリア郵便事情

  • 2020-06-08
  • 2020-08-09
  • Italia
  • 174View
  • 0件

Buongiorno!

イタリアの郵便事情とても悪いです!イタリア人はクリエーティブで面白いものを色々世の中に出してくれますが、物の管理をするのはあまり得意じゃないようです。

私は一度郵便で日本からミラノに洋服を送った時に届かなかったことがありますが、それ以外は大体着いています。が、まー、郵便物がつくのに時間がかかる!イタリアの郵便事情を知っている日本の知人がクリスマスカード兼年賀状を12月の初めに送ってくれたのですが、家に着いたのは1月の後半、一度だけではなく毎年大体同じくらいに着きます。ですので、スピードを求めるなら、郵便はあまり当てにしない方が良いです。

クリスマスカードなどは特に時間がかかるみたいなのですが、普通の手紙でも日本からミラノまで大体1週間とか十日くらいとかかかっていました。最近はメールがあるので、ほとんど郵便で送ったり送られて来たりしないので、よくわかりませんが、今でも大体それくらいの時間はかかると思います。

以前まだインターネットなどがなかった頃、私の住所は知っていても電話番号を知らなかった友達が、イタリアに来るので待ち合わせをしようと私のところに手紙を送ってくれていたのですが、手紙がついてに予定を見てみると、もう日本に帰った後でした。こんなことが何度かありました。

30年ちょっと前にロンドンに住んでいたことがあるのですが、金曜日に日本から送った手紙は月曜日の朝にはロンドンについていました… なぜイタリアは同じことができないのだろう?

遅いだけでも問題なのですが、遅いクセに料金も高いんです。先日イギリスに住んでいる友達のデザインしたテーブルがイタリアのELLE DECORに載ったので送って欲しいと言われ、ロンドン に送ったのですが、一番安い送り方で€8.50約1040円、日本の郵便で調べてみたら日本から同じ重さの荷物をイギリスに送って1080円でした。日本から送った方がきっと早くロンドンの友達のところに着いていると思います。

国内の郵便も値段は高く、日本国内で小さな封筒を送った場合25g=84円なのですが、イタリア国内に小さな封筒を送った場合20g €1.10=134円ということでした。

そうです。サービスが悪くて値段も高いのです。

もうかなり昔の事になりますが、夏のヴァカンスの時に郵便局の職員が大勢ヴァカンスにでてしまうので、郵便物がたくさん溜まりすぎて処理しきれなくなり、警察官付き添いでその溜まった郵便物を燃やしたそうです。警察官がいたら燃やしていいって言う問題でもないだろう…

それに、郵便物が届くのが遅いだけでなく、郵便局に来る人が多くサービスも遅いので、並んでいても先に進みません。それはスーパーなどでも同じなのですが、まず郵便局の職員の仕事のやり方は日本人程てきぱきしていません。それだけでなく、何か他にも問題があるだろうと観察していたのですが、イタリア人は質問が多い、それにまたいちいち丁寧に答える職員、その担当者だけなら良いのですが、その担当者がわからないことがあれば、他の担当者に聞き始め、その人も分からなければまた他の人を呼んできて、最終的に三人で一つの問題を解決しようとしています。その他の二人の担当者のサービスを待っている人達はそのまま待つことになります。以前1枚手紙を送るだけなのに2時間くらい待たされたこともありました。最近はメールで処理できることが多くなっったことで、あまり郵便局に行き機会もなくなりましたが、以前は郵便局に行くだけでも大仕事でした…

イタリアの郵便には注意しましょう。

Ciao!

最新情報をチェックしよう!