引っ越しします!

  • 2020-06-07
  • 2020-06-11
  • Italia
  • 292View
  • 0件

Buongiorno!

今住んでいるところ、すごく中心ではないものの、近くで展示会が行われたりショールームも多く、ファッションの仕事をしているととても便利の良い場所です。また、ミラノでも気に入っている地域なので、長く住むつもりでいたのですが、不動産屋からの連絡で、大家さんがこの家を売ることになったと連絡を受けました。がっかり。

昨年水道が壊れた時に大家さんが修理費用を負担することになっていたので、その時一度会ったのですが、大家さんはずっと住んで良いようなことを言っていたので、安心していたのですが… 

日本人は家賃もきちんと支払うし、近所とも問題も起こさないし、日本人に家を貸すのは大家としては安心できるのだと思います。窓の修理の話にもなり、お互いに折半で修理するような話になっていたのですが、家庭内の問題が出てきたようで、売らないといけなくなったとか。来年契約が切れる時に出ないといけなくなりました。

イタリアで家を借りるのがどんな感じなのか、気になる人もいると思うので、イタリアでの家の借り方についてちょっと紹介したいと思います。

家を借りる

今住んでいるところは2009年の7月から住んでいます。今住んでいるエリアに住むのはもう決まっていたので、このエリア内で探すことにしました。イタリアでの家の探し方は3つ、

1、知り合いやその知人などで、私の住みたいエリアに家を持っていて貸したい人を探す。

2、貸したり、売ったりしたい物件がある場合は、アパートの入り口のところに「貸します」「売ります」と書いた広告が貼ってあるので、広告を見つけて連絡する。

3、借りたい場所にある不動産屋に行く。

1はたまたま知り合いなどが物件を持っていて、その時に誰か探していないと無理なので、少しハードルは高いです。それでも時々そう言った物件が出てくる時があります。これまで私も何度かこう言った探し方で見つけました。

2好きな場所で探せるので便利、今住んでいる所は、このやり方で見つけました。ただ、貼ってある広告の電話番号に連絡したところ、不動産屋が入っていました。

3不動産屋なので住みたいゾーンにいくつか物件を持っていますが、直接大家と契約ができた場合は不動産屋へのコミッションが発生しないので、このケースだと出費が増えます。

契約時にかかる費用

•不動産屋を使った場合は、不動産屋へのコミッション、一般的に年間の家賃の10%から15%が不動産屋へのコミッションになります。

•敷金3ヶ月分、礼金は必要ありません。この敷金3ヶ月分には国の決めた利子というのがつくので、家を出る時に家の破損などがなければ、その敷金3ヶ月分と住んだ年数分の利子がついて返金されます。イタリアの場合、破損と言ってもよっぽどのことがない限り問題ありません。

•家賃。イタリアの場合は3ヶ月おきに支払うので、はじめには3ヶ月分の家賃を支払わなければなりません。

住むとなった時、日本とイタリアの違い

さて、家がが決まり、住むことになった場合、こんなことが日本と違います。その前に一言、イタリアでは日本のように家の破損について細々したことはあまり言ってきません。逆にいうと、日本が他の国に比べいろいろ細かな決まりが多いです。

•一般的に家に入った時にきれいにしてあったら、出る時にその通りにして返します。これが日本のスタンダードですね。その代わり、入った時に壁のペンキなどが塗ってから結構経っている場合などは、ペンキを塗りなおさず、そのまま出て行っても問題ありません。イタリアの場合、結構家の壁の色を塗り替えたりするのですが、色を変えても問題ないと思います。一応大家に聞いた方が良いとは思いますが。以前借りようとしていたところは、勝手に家の壁を壊して部屋を広くしても良いって大家さんが言っていました。釘を打っても問題ありません。

•賃貸の時の契約期間は日本より長く、4年ごとの更新で計8年住むことができます。8年経っても大家の方から連絡がない場合は、そのまま同じ条件でまた4年ごとの更新で計8年の契約が更新されたことになります。また契約更新の場合にも大家への礼金は必要ありません。

•まず、ほとんどのところでは犬を飼っても問題ないと思います。聞いた話だと、ドイツは結構大家がうるさいところが多いらしく、犬を飼っていたらダメなところもわりとあるそうです、犬よりももっと一緒に住むのが難しいのは人間の子供だとか…

今住んでいるところはゾーン的には周りに辺な人もいないし(ヨーロッパだと住む地域を間違えると結構危ないところなどもあります)、自転車で移動するにはどこに行くのにもわりと便利が良いし。それにここに入る時に大家さんと交渉をして結構家賃を安くしてもらっているのと、入ってから8年経っても家賃も上がらなかったので、かなり安く今のところに住んでいるので、同じ場所に探すとかなり家賃は上がると思います…

家賃が上がってもこの近辺で探すか、少し中心から離れているところに行くか、もう一つ考えているのは、私の仕事はミラノで仕事をする時期が短時間に集中しているので、ミラノからは離れても、いっそのこと昔から住みたかった海沿いに住んで仕事がある時だけにミラノに来るか?

あと1年後、一体どこに住んでいるのだろう…

Ciao!

PS. 一番上の写真は家の鍵、一番長いもので12cmあります。イタリアは盗難が多いので、鍵が厳重でいつも重い。ヨーロッパの展示会での日本ブランドのアテンドをすることがありますが、日本のキーホルダーだと小さすぎてこちらでは使えません…

最新情報をチェックしよう!