ヴェネチアン・グラス・アート

takaomilanoのブログフォローお願いします。ブログ更新時に連絡がきます!

詳しくはこちらから

ブログ Laura

Cari amici,

ヴェネツィアを歩いていると、ガラス製品を販売する多くの店を見つけることができます。
グラス、花瓶、小さなお土産などのシンプルなものもあれば、高級なシャンデリアのような本物の芸術作品まであります。それは、ヴェネツィアとその周辺地域が何世紀にもわたってガラス製造の重要な産地であったためです。

8世紀、ヴェネツィアが重要な貿易港だった時、ヴェネツィアのガラス職人は中東の人々からナトリウムを含んだ砂でのガラスの加工方法を使ったこの芸術を学びました。

それまではナトリウム砂、ケイ酸の砂(光滑剤)、石灰石(安定剤)を溶かして型に流し込み、自分の作りたい形にしていましたが、ヴェネチア人が新しく導入したテクニックは、ガラスが高温の時には非常に可鍛性のある素材であるということを利用しました。

ヴェネチアのガラスのマイスターは、管に空気を吹き込むことによって、シリカと砂の化合された球体を作り、それをペンチで形造って素晴らしい工芸品にして行きます。また、ガラスに鉱物もしくは化学物質を加えることによって、ガラスに色と色合いを与えることができます。

ガラス工芸の中心地としてのムラーノの名声は、1291年にヴェネツィア共和国が、当時ほとんどが木造であったヴェネツィア市内の建物の火災を防ぐためにガラス製造業者にムラーノ島に鋳造所を移転するように命じたときに生まれました。

ガラス製造業者のムラーノ島への移動のもう1つの理由は、ドージ(ヴェネト共和国の州知事)が、ヴェネツィアより外にガラス作りのテクニックの漏出を防ぐために、ガラス細工の巨匠の動きを制御したためです。

ルネッサンス期(14世紀半ばから)、ムラーノの工芸品は、貴族やヨーロッパの宮廷の間でとても人気がありました。特にガラスのマイスターがソーダガラスに消色剤を加え、透明度の高い無色透明で軽さのあるガラス – クリスタルを発明したことによって、ムラーノのガラス細工がとても洗練され、要求の厳しい裕福な顧客の要求を満たすことができたからです。

現在、多くの窯が一般公開されており、ガラス細工の実演に参加することもできます。小さなガラスの花瓶を作るためにどれだけの技法と専門知識が必要かがわかったところで、ローマ時代の貴重な工芸品から現代的なデザイングッズまで集められたガラス美術館のあるパラッツォ・ジュスティニアン(Palazzo Giustinian)に是非行ってみてください。そこにはカルロ・スカルパや日本の安藤忠雄などのように世界的に重要なデザイナーや建築家がガラス作りに挑戦した、その作品のいくつかが美術館に展示されています。

好奇心:ムラーノの家はなぜこんなにカラフルなのか知っていますか?この明るい色々は、船頭や漁師が方向を定めやすく、そして移動しやすくするために使用されています。また、ヴェネツィアの特徴である濃い霧が出た場合でも、彼らの家を見つけやすくするためにこんな色にしているのです。

それでは、次回の現代ガラスアートに関する新しい投稿でまた会いしましょう!

A presto !

ユースフルリンク:

Museo del vetro – Fondamenta Marco Giustinian, 8, Murano – www.museovetro.visitmuve.it

Laura Canepa(ラウラ カネパ)のブログ

最新情報をチェックしよう!