イタリア人と日本人の味覚の違い!

Buongiorno ! takaoです。

イタリア料理って美味しいですよね!私もこれだけイタリアに長くいてもイタリア料理には飽きません。今でもとても美味しいと思います。

私は日本料理とイタリア料理、かなり違いますが、素材の味を生かす、など、似ているところがたくさんあると思っています。一方、日本から離れてみて思うことがあるのですが、日本は新しい物好きで、特に食べ物に関しては好奇心がとても旺盛だと思います。それもあって、本来の日本食と今私たちが食べている日本料理はかなり違うと思います。

アメリカ経由で、色々混ぜ合わせた結構重たい、味は美味しい食べ物が日本にはたくさん入ってきていると思います。そうなってきて、かなり日本人の味覚も変わってきたのではないでしょうか。

まあこれも今では日本料理の中の一つで、これも文化の一つなのだと思います。

一方イタリア、イタリアは良くも悪くもとてもコンサバです。イタリア料理自体かなり美味しいので、それに満足して、あまり新しいものにチャレンジしない人が多いのだと思います。

イタリア人でもいくつかパターンがあって、外国人の知り合いをたくさん持っている人はわりとオープンな人が多いと思います。私が友達と食事に7、8人で行く時、その中でイタリア人は大体2人くらいです。他は他のヨーロッパや北アメリカ出身の人が多いのですが、その中のにいるイタリア人は大体なんでも喜んで食べます。しかし、トラディショナルなイタリア人の友達はあまり変わったものを食べません。日本で日本食しか食べない人って珍しいですよね?

私住んでいる所の近くによく行くエジプト人が経営するピザ屋さんがあって、日本からうちに遊びに来る友達は大概そこにピッツァを食べにいきます。結構気に入ってくれる友達も多く、私がいなくてもそこに食べに行っています。そのピザ屋に、PIZZA AL CURRY(カレーピッツァ)というのがあって、ピッツァにカレー粉とエビがのっています。私はそれをよく食べるのですが、知り合いの日本人もそれを食べさせると、その次からよくそれをオーダーします。大概の日本人は気に入ります。

それで以前、日本から来た友達数人と、イタリア人一人そのピザ屋に行ったことがあります。私は大体イタリア人の好みは知っているので、何を選ぶかは大体わかります。というか一般的なイタリア人はほとんどの人が一番シンプルな奴、ピッツァ・マルゲリータを頼みます。で、ピッツァをオーダーするときにみんなで色々食べれる様にいくつかのピザをオーダーしました。一緒に行った友達もカレーピッツァが好きなので、ピザが来てみんなでシェアーするときに一番にこのピザを「美味しいから食べてみて」とイタリア人に勧めました。そのイタリア人は食べはしましたが、やはりカレーピッツァにはあまり興味を持たず。自分がオーダーしたマルゲリータだけ食べていました。こんな感じで一般的なイタリア人はあまり自分の慣れていないものにトライしません。

で、もう1つイタリア人の面白いところが、自分でオーダーしたものは自分だけで食べ、人のものは食べない、ということです。要するに一般的なイタリア人はシェアーをしません。以前イタリア人と2人で中華料理屋に行ったことがあります。私の中の良い知り合いは、大体みんなで頼んだものをシェアーするのですが、この友達は自分でオーダーしたものだけ食べて、他の人も食べるものにはあまり興味を示しません。その時はせっかく中華を食べに行ったのにもかかわらず、自分で頼んだものだけ食べて帰りました。中華料理はたくさんの人が集まって色々な料理を頼んで色々食べるのが醍醐味ですよね。イタリアではあまりそんなことはないのです… それでも最近はだいぶシェアーする様になってきました。

イタリアに来てすぐの頃は、日本食レストランも少なく、行く人といっても日本人ばかりでした。当時、日本人は生の魚を食べるのか、と気持ち悪がられました。が、今ミラノでは中国人経営の日本食レストランが流行っています。ほとんどどこでも「オール・ユー・キャン・イート」と言って20ユーロ(約2500円)程度払ったら食べ放題です。そのお客さんの多くはイタリア人です。逆に日本人はあまり美味しくないので行きません…

2015年にミラノでエクスポが開催されました。そのテーマは「食」でした。日本のパディリオンはとても多くの人が来たために、パディリオンに入るのに8時間くらい待たないといけなかったそうです、パディリオンは「金賞」をもらいました。

最近はイタリアに住む外国人と、海外からの影響で、だいぶイタリア人の保守的なところが薄れてきた様に思います。2015年のエクスポを境にミラノでも、日本食レストラン以外、多くのアメリカンスタイルのハンバーガー屋、おしゃれなパン屋、最近では抹茶屋さんなどもできました。

イタリア人の保守的さは、それはそれでいつも美味しいものは美味しいということで、昔からあった美味しいレストランは今だにたくさんあります。それと同時に最近ではイタリア人は新しいものも食べれる様になってきて、私たち外国人にしてみればだいぶ住みやすくなってきました。

好奇心を持って他の国の新しい食べ物べ、自国の美味しい料理をそのまま引き継いでいくことも両方大切だと思います。

Ciao!

最新情報をチェックしよう!