CATEGORY

Italia

  • 2021-01-12
  • 2021-01-12

西部劇ってイタリアで撮ってたの知ってた?

Buongiorno ! takaoです。 西部劇(ウエスタン・フィルム)の中でマカロニ・ウエスタンっていうのがあるのを知っていますか?イタリアではマカロニではなくスパゲッティ・ウエスタンと呼ばれています。なぜそう呼ばれているかというと、それらの映画はイタリアで制作されていたからです。 西部劇は私よ […]

  • 2021-01-11
  • 2021-01-11

イタリア人と日本人の間で板挟みになったらどうするか?

Buongiorno ! takaoです。 ここ10年ほど、私は日本とイタリアの会社の間に入って仕事をすることが多いのですが、この2つの国、先進国の中では対照的なことも多く、間に入って仕事をするのはなかなか大変で、同じ国同士だと問題が起こらない様なことでも、メンタリティーが違うことで問題になることが […]

  • 2021-01-05
  • 2021-04-15

夜中に魔女がお菓子か石炭を持って来る、イタリアの祝日エピファニアを知っていますか?

ブログ Laura Cari amici, イタリアでよく使われる言葉に、「エピファニア(公現祭)は全てのお休みを持っていく」と言うのがあります。それは、エピファニア、つまり1月6日がクリスマス、正月と続いた最後の休日だ、と言うことです。 エピファニアはクリスマス同様、カトリック教での祝い […]

  • 2021-01-04
  • 2021-05-11

最後にはゴールを決めるイタリア人!

Buongiorno ! takaoです。 イタリアでは1月6日のエピファニアの祭日までレッドゾーン、外出禁止令が出ていますが、今日だけはオレンジゾーン、外出は許されていました。 日本からイタリアに来て仕事をすると、ずいぶんやり方も違い、根本的な考え方も違ったりするので、なかなか大変なことも多いです […]

  • 2021-01-02
  • 2021-01-02

ナポリ新年の花火!

Buongiorno ! takaoです。 コロナでほとんど1年振り回された2020年も終わり、2021年が開けました。先日のクリスマス、お正月は例年よりもメッセージがたくさん来ました。みんな2020年は特別だったのだと思います。 イタリアでの年末年始の過ごし方は先日Lauraが紹介してくれましたが […]

  • 2020-12-31
  • 2020-12-31

まあ色々あった2020年、来年は良い1年にしましょう!

Buon Anno! 本年もどうぞよろしくお願いします。 2020年は本当にあっという間に終わってしまいました。2019年の年末は日本で過ごしたので、年始は日本からミラノに戻り、そのままフィレンツェで行われるメンズファッションの展示会に出展し、それが終わってブダペストに行ったあたりから中国でなんだか […]

  • 2020-12-30
  • 2021-04-15

南イタリア、年が明けると窓からものが飛んで来る!

ブログ Laura Cari amici, イタリアのクリスマスに関する習慣については、この前のブログで紹介しました。「イタリア各地での伝統的なクリスマスの祝い方!」 今日のブログでは、クリスマスに続いて、カトリックの国ではサン・シルヴェストロと呼ばれている大晦日、そしてお正月のイタリアの […]

  • 2020-12-29
  • 2020-12-29

引越しをしたのはいいけれど、いつから新しい家に住めるんだ?

Buongiorno ! takaoです。 これまで何度か、私の引っ越しのことについてこのブログで話してきました。最終的に11月末にこれまで賃貸で済んでいた家を離れ、3月から新しい住まいに入るため、今は仮の住まいにいます。一時的な引っ越しは結構大変で、ほとんどの荷物は知り合いのガレージに置かせてもら […]

  • 2020-12-25
  • 2020-12-25

こんなんでいいのイタリアの免許証!!!?

Buongiorno !  takaoです。 イタリアの運転免許証は50歳になるまでは、10年に一回更新されます。前回私が以前更新した時にはまだ新しいカードタイプの免許証ではなく、紙の免許証だったので、結構大きな免許証を三つ折りにして財布に入れています。この前紹介したイタリアの身分証明書と […]

  • 2020-12-23
  • 2021-03-30

初めてイタリアで自分の身分証明書を作るときにびっくりした事!!!

Buongiorno ! 平成元年からイタリアのミラノに住んでいるtakaoです。イタリア情報をブログで発信しています。 イタリアに来てもう結構経つので、最近ではイタリアの一般的なルールなどもかなり慣れてきて、それほど驚くことはありませんが、イタリアに来てすぐは「これなんだ?」と思うようなことが、け […]