CATEGORY

Italia

  • 2020-07-22
  • 2020-10-15

サップを使ってコロナから海へ逃げろ! 

Cari amici, 以前一度紹介しましたが、私はリグーリア州の出身です。リグーリアはとても小さな州で、ポルトフィーノとチンクエテッレで有名な州ですが、それだけではありません。リグーリアには320 kmも続くビーチがあり、その中の多くのビーチは毎年 “ブルーフラッグ”(Bandiera Blu)と […]

  • 2020-07-21
  • 2020-07-26

ナポリ人の流儀

Buongiorno ! takaoです。 以前、メンズ商品の作り込みのために年に2回、夏と冬に南イタリアのナポリに行っていました。 日本で知られているナポリで有名なことといえば、ピッツァ、カフェ、マラドーナ、メンズファッションで言うとサルトリア•ナポレターナなどでしょう? 街に面して海が広がり、夜 […]

  • 2020-07-06
  • 2020-07-06

イタリアで超有名な作曲家

Buongiorno ! takaoです。 今日、残念ながらイタリアを代表する作曲家、エン二オ•モリコーネ(Ennio Morricone)さんが91年の生涯を終えられました。私も大好きな作曲家でした。イタリアで彼の音楽は年寄りから若い人まで広い年齢層から好かれていました。日本では名前も知らない人が […]

  • 2020-07-02
  • 2020-07-02

アフターコロナの中、イタリア人はどうやって仕事をしているか

Buongiorno ! takaoです。 今回のコロナ問題で、百聞は一見に如かず、ということがよくわかりました。イタリアにいてミラノから一切動いていなくても、オンラインニュースである程度日本や他の国の状況は把握できています。ただそれは、イタリアの状況を踏まえつつ他の国の状況を想像しているのだけなの […]

  • 2020-06-30
  • 2020-06-30

コロナ後解禁 7月1日からヨーロッパ入国可!日本への帰国は?

Buongiorno ! takaoです。 今日(7月1日)より、日本からヨーロッパに入ることができます。入国できる国はまだ14カ国。この14カ国はここ14日間、新規感染者が100,000人の人口に対し16人以下で保たれている国、なのだだそうです。その14カ国はモンテネーグロ、カナダ、韓国、日本、オ […]

  • 2020-06-29
  • 2020-06-30

現在のイタリアコロナ状況

Buongiorno ! takaoです。 最近東京でコロナウィルス感染者が増えているというニュースを聞きます。どうですか? イタリアですが、暖かくなってきて、だいぶ普通の生活に近づいてきました。あれだけコロナウィルスに感染しないように注意していたイタリア人も最近では以前ほどは気にし無くなってきたよ […]

  • 2020-06-23
  • 2020-06-23

イタリアで大いに尊敬すべき人

Buongiorno!  takaoです。 イタリア人は見た目いつも楽しそうであまり苦しそうな姿を他に見せないので、傍から見ると何も困った事なくいつも幸せそうに見えるのですが、当然彼らは彼らなりに問題はあるし、悩んでいる事もたくさんあります。それでも、あまり自分が悲しんだり苦労をしている事を他に見せ […]

  • 2020-06-21
  • 2020-06-21

どうやってイタリア語を覚えたか?

Ciao!  takaoです。 イタリアにいると良くどうやってイタリア語を勉強したか?来る前には喋れたのか?と聞かれます。 流石にイタリア語は問題ないし、英語もある程度話せるんですが、学生の時決して語学が得意だったわけではないです。いや、高校の時の英語の成績はかなり悪かった… 地元広島に帰る時に高校 […]

  • 2020-06-20
  • 2020-09-19

世界一世界遺産の多い国イタリア!

Buongiorno!  takaoです。 世界で一番世界遺産の多い国はイタリアで、何と55件もあります。ちなみに日本は23件です。 外を見渡すと、確かにあちらこちらに歴史的建造物があります。それだけでなく、北にはアルプスが聳え、イタリアは半島なので多くを美しい海に囲まれ、その他様々なラン […]

  • 2020-06-19
  • 2020-06-23

強烈なコロナが来ても意外に頑張れるイタリア!

Buongiorno、takaoです。 普段はいい加減で何でも時間のかかるイタリアですが、何のためにそれをやっているのかの判断はみんなでき、途中寄り道をしながらも最終的には結果をのこします。いつも仕事ではこんな感じ。逆に日本は途中で何をしてきたかを評価されることが多い。 昨年あった話で、あるプロジェ […]